プロフィール

mimuramari

Author:mimuramari
三村真理オフィシャルサイト

東京を拠点に活動するピアニストです。協奏曲のソリストから伴奏まで、幅広く演奏活動をしております。自宅でのピアノ教室も開いております。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

三村真理のピアノ徒然
ピアニスト三村真理のブログです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の好きなお豆腐やさん
子供がよく遊びに行く野寺公園の近くに、お豆腐やさんがあります。
60歳過ぎくらいのおじさんが、一人で営んでいます。

昨日久しぶりに、買いに行ったら、おじさんが前より少し小さくなったように感じました。

おじさんは、一緒に連れて行く小さい我が子たちを、「大きくなったなぁ。」と、いつも目を細めて見つめます。
娘さんが九州に嫁いでいて、私の子供たちと同じくらいのお孫さんがおられるそうで、お孫さんの姿を重ねて見ているのだと思います。

昨日、我が子が「おじちゃん、お豆腐ってどうやって作るの?」と聞きました。
そしたら、お店の中の道具を色々持ってきてくれて、子供に説明してくれました。
「おうちでも作れるの?」と子供が聞いたら、「作ってごらん。」と言って、豆乳とにがりを子供の手に渡してくれました。
興味津々に、手渡されたにがりをなめて、「にがいよ~。」とわめく我が子を、「へっへっへっ。」と、笑いながら、目を細めて見ていました。

おじさんがくれた豆乳とにがりで、子供が作った豆腐は、やさしい味がしました。

おじさんを見るたびに、遠くに住んでいる自分の父親への思いが湧き上がってきます。
おじさんが元気そうだとうれしいです。
少し小さく見えたときは、心細くなりました。

これからも、大事にいただきます。
いつもおいしいお豆腐、ありがとうございます。
「みむみむの森」祝結成!
「みむみむの森」、これは私(三村)が企画する公演に協力して下さる方達のチーム名として、来年2月の公演共演者のバイオリニスト西谷国登さんと、女優の松田かほりさんが付けて下さった名前です。森にたくさんの動物たちが集まるように、三村の企画にも森に行くような感覚で色んな方達が共演者として、またはサポーターとしてふらりと寄って下さり、皆でお互いに共生し合えるような仲間になれたらいいね、というイメージで付けて下さいました。

この公演は、去年から東久留米市東部地域センターに協力して頂きながら始めた、小さな子供でも飽かずに楽しめるということを目的にした音楽会で、今回で3回目になります。我が子(幼児)を育てていて、こういうのがあったらいいなという思いで始めた音楽会です。

小さな子供でも飽かない内容の音楽会にするために、来年2月の第3回目は、ベートーヴェンの有名な曲の演奏とお芝居を合わせた音楽会を行います。御活躍中の女優さんにベートーヴェンがどんな人だったのか、また、どのようにしてその曲は生まれたのかなどを分かり易く演じてもらうことで、ベートーヴェンの曲をより楽しんで聴いて頂ける内容になっています。

来年2月19日(予定)公演で、「みむみむの森」メンバーとして、三村と共演して下さる方達です。
バイオリニスト 西谷国登さん(http://www.nkunito.com)
女優 松田かほりさん(http://ameblo.jp/kahorim1016/)
女優 岡田由記子さん(http://oka-yuki.com)

小さな子どもも大人も感動してもらえるように意識してつくっている音楽会です。
ベートーヴェンを題材とした、本格的な演劇と演奏のコラボレーションです。
是非「みむみむの森」を応援しに来て下さい。
詳細が決まりましたら後日、お知らせ致します。
どうぞよろしくお願い致します。

西谷さん松田さん、いい名前を付けて下さり、ありがとうございます。これまでやってきた東久留米市東部地域センター主催の音楽会で、「みむみむの森」企画&公演と、プログラムやチラシに明記することで、三村が責任を持って企画した音楽会だよ、とお客さんにアピールできることは嬉しいです。今までは企画者は誰か明記せずに音楽会を開催していましたが、これから「みむみむの森」を記名することで、お客さんたちが増えるも減るも三村の責任になるので、より良い音楽会をつくろうと頑張れます。

「みむみむの森」、響きも見た目も大好きです。今回私の企画に御協力くださるだけでも、光栄なことなのに、名前まで付けて下さり、西谷さん松田さんには本当に感謝しています。今回の共演だけでなく、これからもずっと良い仲間でいて下さいね。いつの日か、恩返しができる時が来ればいいなと思います。

また、女優の岡田さんにも今日初めてお会いし、一度会ったら病み付きになりそうな独特な、岡田さんのキャラクターに惚れてしまいました。岡田さんにベートーヴェンを演じてもらうことで、ベートーヴェンが一気に世の中に普及しそうです。すごく存在感がある方です。

今回も良いメンバーに恵まれ、来年の2月19日の公演が今から楽しみです。

恩師の訃報
去る2011年5月29日に、アメリカでの私の恩師 Vitaly Margulis(ヴィタリー ・マルグリス)教授がお亡くなりになりました。

彼は、私に音楽の素晴らしさ、そして音楽に携わることへの尊さ、携わり続けていく上での厳しさを愛情を持って教えてくれました。

音楽だけではなく、師弟関係もとても大事にしてくれる人でした。「come!(おいで!)」と、よく彼の家に数人の生徒を招き、皆と食事を一緒にするのが好きな人でした。私は、日本料理が好きな彼から、味噌汁と肉じゃがをリクエストされ、よく作りました。お友達のアルゲリッチ氏の日本公演の際に頼んで購入してもらっていた、昆布や鰹節などの日本食材がいつもどっさりあり、日本食が好きな彼に少し貢献できることが嬉しかったです。

皆で食事をする際は、彼はいつもジョーク(おちのある話)をユーモアたっぷりでお茶目な顔をして、話してくれました。例えばこんな感じの話だったと思います。

   あるところに川で釣りをする男がいました。その川では釣りをしてはいけなか
   ったので、警官が見回りをしていました。そこで、警官が釣りをしている男に
   「ここでは釣りをしてはならない。」と注意すると、男はこう答えました。
   「私は釣りをしているのではない。ミミズ(釣り針の先につけている)を洗 
   っているのだ。」と。

食事が終わると、皆でビバリーヒルズの閑静な住宅街の中を散歩します。いつもさんぽコースは決まっていて30分くらいしました。

このさんぽコースは、私がUCLAの修士課程を修了後に博士課程を受験して失敗した際に、彼が私と二人で散歩してくれた思い出のコースです。まだ、博士課程への未練もあり、もう一度試験を受けるチャンスが欲しいという私に、「日本で待っているフィアンセの元で幸せになりなさい。」と、一言、言いました。彼もドイツに家族を残してアメリカで単身赴任の生活を続けていたので、異国の地で私が一人でがむしゃらに勉強していた孤独でつらい気持ちを知ってくれていたんだなと思い、涙がぽたぽたと止まりませんでした。分厚いやわらかな温かい手で私の手を握って、いつもの散歩コースを2周歩いてくれました。

その手は、私が武蔵野音楽大学時代に彼に会った時に「アメリカへおいで。」と言って、握ってくれた手と同じでした。すべて信頼してついて行っても大丈夫、と思わせてくれた温かくてやわらかい手でした。

私は帰国後結婚し、春日大社で十二単の着物を着て夫と撮った写真をアメリカへ送りました。その写真はUCLAの彼のレッスン室の壁に貼られているよと、誰かに教えてもらいました。

ヴィタリー・マルグリス先生、たくさんありがとうございました。いつまでも忘れません。
ご冥福をお祈りいたします。

被災者応援コンサート
3月27日(日)に埼玉に避難されている被災者の方へ、尺八の安島瑶山さんとチェロの児玉千佳さんがコンサート(クライス音楽事務所主催)を開かれました。私は伴奏者として参加しました。安島さんが所属事務所に、避難されている方達に何かやりたいと持ち掛けて、実現したコンサートです。

この伴奏の依頼を頂いてから、このコンサートへ対して、普段のコンサートとは違う緊張や不安を感じました。被災規模が大きすぎるので、被災者の気持ちが全く予測できず、どんな気持ちで聴いてくれるんだろうというものです。このような大変な時期に、音楽が必要とされるのだろうかとか。

しかし当日、被災者の方達の苦労されている現実を見て、音楽がどう受け取られるかという自分のことばかり気にしていたことを反省しました。こんなに大変な生活を強いられているんだなぁという、身近に見る被災者たちの深刻さに私は泣きそうになり、音楽演奏であれ何であろうが、どんな形でもいいから、まずは人としてこの困難を共感し合うことが大切なんだと思いました。

東北災害地が少し落ち着いたら、被災地(避難地)コンサート巡りをしたいと思います。無償コンサートをご希望される被災者の方と、その被災地(避難地)コンサート巡りをするための資金を集めるために非被災者の方で有料コンサートをさせて下さる方の両方を募集致します。ピアノのない個人宅様から企業様まで、楽器持参で伺います。この企画に賛同してくださる方がおられましたら是非ご一報下さい。
音楽会へご来場の皆様ありがとうございました
音楽会へご来場下さった方達、本当にありがとうございました。
とてもいいお客様達に恵まれ、そんな中で演奏出来ましたことに感謝しております。
色んな方達からご支援をして頂きながら、この音楽会が少しずつ発展して行き、地域に根付いたものになっていってくれたらいいなと思っています。これからも、色々な企画を考えていきます。どうぞよろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。